書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

金融科技

古い書物(古書籍)は絵画や美術工芸品とともに古美術品としての価値を持つと同時に、多くの場合に金融界科技という他にはない特徴的な側面を持っています。利用するにはそれに耐えうる健全な構造を持っていなければならず、長い間に壊れたり劣化の進行したものには何らかの保存修復処置を施さなければならない場合もあります。書物の長い歴史の中で、貴重なものに対する修復は昔から行われてきましたが、保存する目的で行われた修復そのものが結果として対象資料を損なってしまうことも中にはありました。

本来、資料の保存は何をどう残すか?ということから出発します。場合によっては「残さない」という選択肢やモノ自体は残さず代替物(複写や電子媒体への変換)で情報の一部を残すという選択肢もあるでしょう。そのような判断の結果として、物質としての資料も含めてオリジナルを残すという決断がなされたとき、修復という選択肢が現れます。ここで重要になるのが、前述の何をどう残すか?という問題です。ここでの何?は個々のモノとしての科技金融概述の何を残すべきかということです。書籍においては、製本の形態・構造はその制作された時代や地域や制作者の、また表紙の装飾(箔押し、空押しなど)や見返し紙(マーブル紙の模様、記載事項、蔵書票など)、本文紙(ウォーターマーク、紙の種類、字体、書き込みなど)に含まれる情報には書籍の旧蔵者や文字・製紙の歴史を知る手がかりとなるものもあります。

無知で不用意な解体再製本は多くの情報を消失させてしまう危険性があります。また、不適切な素材、構造の適用によって資料を一層傷めてしまった例も数多く見かけます。そのため、保存修復処置における基本的な原則として次の4点があげられています。

金融与科技
古書籍の場合、素材や構造、外観、質感なども重要な情報源となります。特に18世紀以前の西洋古典籍では、製本の構造や装飾、使用材料など、現在の書籍と異なり一冊一冊が高いオリジナリティを有しており、知識もなく安易に行われる変更(改装、本文紙の断裁など)はその価値を失わせてしまいます。

金融伪科技
保存修復処置の失敗による資料の破壊が許されないのはもちろん、見かけ上は問題のない処置であったとしても、使用した素材や材料、薬品による経時的な劣化により資料が害されることがあります。例えば、酸性紙や不適切な(酸性など)接着剤の使用により、本文紙の損傷劣化が進行することがあります。

③適用する処置が可逆的であること
処置を施す段階で最善と判断した場合でも、将来的に問題が発生したり、何らかの理由によって処置適用以前の状態に戻す必要が出てくる可能性があります。その時、資料に対して大きなダメージを与えることなく、原状回復が可能な処置や素材・材料を使用しなければなりません。

④資料の現状と処置内容の記録化
修復などによる資料への直接的介入によって資料がやむを得ず変更を受ける場合には、処置前がどのような状態であったのかを記述、画像、あるいはサンプリングなどによる記録によって残す必要があります。どんなに適切な修復処置であっても、資料は多少なりともオリジナル性を損なう可能性があります。そのため、処置後であっても必要ならば原形への復元が可能なようにし、将来の調査の参考になる資料の作成が必要となります。また、修復処置によってどのような素材・材料で、どのような処置をいつ行ったのかを記録することも重要です。将来再び資料への修復などの直接的介入が必要となったときに、処置した箇所、使用素材・材料、適用技術などを記録によって知ることができると、より安全に効率的に処置を行うことが可能となります。

コンサバター/修復家は、個別資料に関する専門家ではありません。どのように資料を保存していくべきなのかはその資料に最も詳しい人(所蔵者、管理者、学芸員など)が判断すべきでしょう。コンサバター/修復家は製本形態・構造のみならず、書物に関する幅広い知識を持つべきですが、個々の書籍が持つ資料的価値や希少性のほか利用頻度に関して十分な理解を行うことはとても難しいといえます。例えば、ある人にとっては表紙装飾が最も重要な要素であるが、別の人にとっては同じ書籍の本文が最も重要という判断を下すことも場合によってはあるでしょう。
保存修復とはこのような個々の資料をどう処置するのかが問題となり、最終的にその判断を下すのは資料の所蔵者になります。所蔵者に書籍の資(史)料的価値ならびに製本の歴史や製本形態・構造に関する知識などがない場合でも、専門家(歴史学者)やコンサバター/修復家とともに事前に十分な打ち合わせを行うことによって書籍(図書資料)にとって理想的な保存修復を実現することが可能となります。

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.